TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEICスコアのレベルはどんな感じ?



 

TOEICは990点までのスコアで評価されますが、

 

それぞれのスコアのレベルというのはどういった感じになっているのでしょう?

 

 

TOEICで何点取ればどのくらい英語ができると評価されるのか、

 

受験者にとってはいちばん気になるところですよね。

 

 

TOEICを運営している(財)国際ビジネスコミュニケーション協会作成の資料

 

「PROFICIENCY SCALE」(TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表)

 

によると次のようになっています。

 

 

A(860点〜)

 

Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる。

 

 

B(730点〜860点)

 

どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている

 

 

C(470点〜730点)

 

日常生活のニーズを充足し、

 

限定された範囲内では業務上のコミュニケーションも出来る

 

 

D(220点〜470点)

 

通常会話で最低限のコミュニケーションができる

 

 

E(〜220点)

 

コミュニケーションが出来るまでに至っていない

 

 

 

おおまかな目安ですが、

 

中学卒業程度で300点レベル、

 

平均的な高校生で400点レベル、

 

平均的な大学生で500点レベル

 

と考えてもらったらよいかと思います。

 

 

TOEICの平均スコアは580点くらいですから、

 

TOEICで600点以上のスコアが取れれば、

 

自分はまあまあ英語が得意な方だと考えてよいでしょう。

 

 

これから英語を勉強しようという方は、

 

とりあえずTOEIC600点レベルを目指しましょう。

 

 

さらに、TOEIC700点、800点が取れるようになれば、

 

英語を使った職業につくことができたり、

 

いろいろな可能性が広がります。

 




FXの仕組みを知ろう