TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEICのスコアって世界的に通用するの?



 

TOEICは世界90ヶ国で実施されています。

 

また、TOEICには、その国独自の文化的背景や

 

言い回しを知らなければ解答できないような問題は出題されません。

 

 

TOEICは、世界共通の基準として

 

使うことができる試験であると言えます。

 

 

しかし、実際には、TOEICの知名度は、

 

世界的にはそんなに高くありません。

 

 

TOEICの問題を作成しているのは、

 

アメリカのETSと言う機関ですが、

 

それにもかかわらず、アメリカでは

 

TOEICの存在はほとんど知られていないようです。

 

 

TOEICは、非英語圏の人の英語力をはかる試験なので、

 

ネイティブであるアメリカ人が受けるということはないでしょうから、

 

考えてみると当然のことかもしれませんね。

 

 

実際、TOEICの受験者の大半は日本人と韓国人です。

 

日本では、今やTOEICは英検と並ぶ英語力評価の基準となっていますが、

 

TOEICで高得点を取っても、残念ながら、世界的には

 

ほとんど通用しないと思ってください。

 

 

TOEICは、リーディングとリスニングのみのマークシート試験で、

 

話す、書くといった要素が含まれていないため、

 

英語が話せる証明にはならないと言えるでしょう。

 

 

英語圏の人を相手に使える英語力を証明したいのであれば、

 

TOEFLの方がまだ有効です。

 

 

海外へ留学したい人や、海外で働きたい人は、

 

TOEFLを優先的に受けた方がいいと思います。

 

 

一方、日本で英語を使った仕事をしたいのであれば、

 

TOEICのスコアはかなり重要視されます。

 

 

どちらにしろ、英語の勉強の目的は、

 

試験で良い点をとることではないはずです。

 

 

TOEICやTOEFLのスコアは、

 

留学や就職の機会を与えてもらう手段にすぎません。

 

 

TOEICやTOEFLで良いスコアを取ったからと安心せずに、

 

本当に使える英語力を身につけるため、

 

常にスキルアップを怠らないようにしましょう。

 




FXの仕組みを知ろう