TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEICの有効期限は?



 

TOEICで良いスコアを取ったら、

 

それを履歴書に書きたいと思う人も多いはずです。

 

 

ところで、TOEICのスコアには、

 

有効期限はあるのでしょうか?

 

 

いつ取ったスコアであっても、

 

履歴書に書いていいものなんでしょうか?

 

 

TOEICを受験した後には、

 

スコアを記載した公式の認定証が送られてきますが、

 

このTOEIC公式認定証を紛失するなどして再発行してもらいたい場合、

 

試験日から2年以内でしたら再発行してもらえます。

 

 

そのため、TOEICの有効期限を

 

2年と考えている人も多いようです。

 

 

しかし、TOEIC公式認定証自体には有効期限はありません。

 

何年前のスコアであっても無効になることはないので、

 

取得後2年を過ぎていても、TOEICのスコアを履歴書に書いて

 

全く問題はないということです。

 

 

特に、TOEICで800点以上のスコアをもっている人は、

 

かなり前のスコアであっても、

 

履歴書に書いておいて損はないと思います。

 

 

TOEICで800点以上取るには、

 

基本的な英語力がかなりしっかりしていないと難しいので、

 

どこへ行っても、一応、英語ができるんだなという目で見てもらえるはずです。

 

是非、自己アピールに使ってくださいね。

 

 

ただ、英語の専門職などに応募する場合には、

 

「TOEICのスコアは○年以内に取得したもののみ有効」

 

などの応募条件があることもありますので、注意してください。

 

 

英語の勉強を続けていくなら、

 

できれば、TOEICも定期的に受けた方が良いと思います。

 

 

自分の今の実力がどの程度なのかを知っておくことは大切ですし、

 

スコアアップを確認することが何より勉強のモチベーションになります。

 

 

仮にTOEICで満点を取ったからと言って、

 

それがゴールではありません。

 

 

英語は使わなければ忘れてしまうもの。

 

英語の勉強を続け、

 

TOEIC満点を維持し続けることを目標にしましょう。

 




FXの仕組みを知ろう