TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEIC SWテストって何?



 

TOEICはリスニングとリーディングのみのテストです。

 

また、TOEICは解答方法もマークシートによる選択式です。

 

 

英語を話したり書いたりすることが苦手な人も、

 

実は試験対策をするだけで、

 

TOEICではある程度高得点が取れてしまいます。

 

 

逆に言うと、TOEICで高得点を取ったからと言って、

 

必ずしも英語が話せるという証明にはならない部分があるんですね。

 

 

このようなTOEICの短所を補うために、

 

TOEIC SWという試験が開発され、

 

2007年より実施されるようになりました。

 

 

TOEIC SWテストのSWとは、SpeakingとWritingのこと。

 

TOEIC SWテストは、話す、書くという英語のアウトプットの

 

能力を評価する試験なのです。

 

 

TOEIC SWテストのやり方は、

 

試験会場のパソコンに問題が配信され、

 

受験者がそのパソコンに音声を吹き込んだり、

 

文章を入力したりして解答します。

 

 

スピーキングとライティングの各スコアは、

 

0点から200点までの10点刻みで表示されます。

 

 

そして、そのスコアをもとにした評価が、

 

スピーキングテストではLevel1〜8の8段階、

 

ライティングテストではLevel1〜9の9段階で出されます。

 

 

現在のところ、TOEIC SWテストは知名度もそんなになく、

 

受験者も少ないようです。

 

 

しかし、今後、TOEIC SWテストは、

 

能動的な英語の能力を直接はかる試験として、

 

注目を浴びる可能性があります。

 

 

特に、英語を話したり書いたりするのが得意な方は、

 

通常のTOEICテストにプラスしてTOEIC SWテストも受けておくと、

 

就職の際にかなりアピールできるかもしれませんね。

 




FXの仕組みを知ろう