TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEIC Bridgeって何?



 

TOEICとは別に、TOEIC Bridge(トーイック・ブリッジ)という試験があります。

 

TOEIC Bridgeは簡単に言うとTOEICのジュニア版です。

 

TOEICへの架け橋という意味でTOEIC Bridgeと言うそうです。

 

 

TOEIC BridgeはTOEICよりも難易度が低いテストなので、

 

英語初級者から中級者、特に、中学生や高校生にぴったりのテストです。

 

 

TOEICは社会人向けのテストなので、

 

ビジネス文書などが問題に出されることが多いのですが、

 

TOEIC Bridgeはもっと日常的で身近な素材が使われており、

 

学生にもとっつきやすいでしょう。

 

 

リスニングのスピードもゆっくりめなので、

 

初級者でも理解しやすくなっています。

 

 

TOEIC Bridgeは、おおむね、TOEICのスコアが

 

450点に満たない人向けのテストと言えます。

 

 

TOEIC Bridgeは、試験時間と問題数もTOEICの半分。

 

リスニング50問、リーディング50問の計500問で、

 

試験時間は1時間になります。

 

 

TOEIC Bridgeのスコアは、180点が最高で20点が最低になります。

 

TOEIC Bridgeは、年4回(3月・6月・9月・11月)、

 

全国13都市で実施されます。

 

 

TOEIC Bridgeの受験料は4,200円なので、

 

受験料もTOEICより少し安いですね。

 

なお、TOEIC同様、受験資格は特になく、誰でも受けられます。

 

 

初心者の方は、まず、TOEIC Bridgeから

 

受けてみるのも良いかもしれませんね。

 




FXの仕組みを知ろう