TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEICとTOEFLの違いは?



 

TOEICと似た名前のテストに、TOEFLというのがあります。

 

TOEFLは「トーフル」と読み、

 

「Test of English as a Foreign Language」の略称です。

 

 

TOEFLは、英語を母国語としない人が、

 

英語圏の大学や大学院に入学する際に、

 

授業を受けられるだけの英語力があるかどうかを判定する試験です。

 

 

大学によって、入学要件としてTOEFLのスコア何点以上という

 

基準が設けられており、スコアを提出することによって

 

入学資格が得られるわけですね。

 

 

主に北米の大学や大学院へ留学する際に

 

TOEFLのスコアが必要になりますので、

 

国際的な認知度も高く、留学希望者には必須の資格と言えます。

 

 

逆に言えば、TOEFLのスコアは、留学以外の目的では

 

ほとんど役に立たないということになります。

 

 

一方、TOEICは、現在の英語力を

 

客観的に把握するために受ける試験です。

 

 

ビジネスシーンにおいて、昇進や配置転換の際に基準として、

 

TOEICのスコアが用いられることが多く、

 

留学目的に使われることはあまりないでしょう。

 

 

試験の内容に関しては、TOEICでは、

 

リスニングとリーディングの2つの分野に関し、

 

マークシート方式によるペーパーテストで能力をはかります。

 

 

一方、TOEFLに関しては、現在日本で受けられるのは、

 

TOEFL iBTと言うコンピュータを使った試験のみです。

 

 

これにより、リスニング、リーディング、スピーキング、

 

ライティングという総合的な能力が評価されます。

 

 

また、TOEFLは、目的は留学に限られていますので、

 

試験に使われる英語もビジネス的なものではなく、

 

学術的な内容やキャンパスライフを想定した会話などが多くなっています。

 




FXの仕組みを知ろう