TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEICと英検の違いは?



 

英語の試験で有名なものに、英検があります。

 

ちなみに、英検という名前が付く試験には、

 

国連英検、商業英検、工業英検など何種類かあります。

 

 

その中で最も有名なのは、

 

財団法人日本英語検定協会の実施する「実用英語検定」で、

 

通常、英検と言うと「実用英語技能検定」を指します。

 

 

ここで英検と言っているのは、

 

この「実用英語技能検定」のことだと思ってください。

 

 

英検は日本独自の試験ですが、年間約300万人が受験しており、

 

数ある語学検定の受験者数中では最多数になっています。

 

 

TOEICの目的は、日常的な英語コミュニケーション能力や、

 

ビジネスにおける英語コミュニケーション能力をはかることですが、

 

英検は、総合的な英語力の評価に重点が置かれています。

 

 

そのため、英検からはビジネス的な要素が取り除かれており、

 

代わりに、英語独特のイディオムや言い回しが使われるなどしています。

 

 

また、英検5級〜2級は、

 

文部科学省の学習指導要領に準拠していることもあり、

 

学校英語と重なる部分が多く、英検の受験者の約8割が

 

中学生と高校生です。

 

 

これに対し、TOEICは、企業において

 

ビジネスに必要な英語力を判断するために使われることが多く、

 

受験者も社会人が多くなっています。

 

 

試験の内容に関しては、英検の問題は、

 

各分野の総合的な出題であるのに対し、

 

TOEICの問題は、その半分をリスニングテストを占めるため、

 

かなりのリスニング能力が要求されます。

 

 

一方で、英検の方は3級以上では2次試験で面接を行うため、

 

スピーキング力が試されます。

 

 

また、英検は各級における合格、不合格がありますが、

 

TOEICは受験者のその時の英語力をはかるテストですので、

 

合格、不合格といった基準はありません。

 




FXの仕組みを知ろう