TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEICの問題構成はどうなってるの?



 

TOEICテストは、リスニングとリーディングの

 

2つのセクションから成り立っています。

 

 

問題はマークシート方式で、リスニングが100問、

 

リーディングが100問の計200問。

 

 

試験時間はリスニングが45分間、

 

リーディングが75分間の計2時間です。

 

 

各セクションの詳しい問題構成は、次のようになっています。

 

 

リスニング・セクション

 

 

【Part1 写真描写問題(10問)】

 

 

問題用紙に印刷されている写真について、

 

4つの短い説明文が放送されます。

 

4つの説明文中から正しいものを1つ選ぶという問題です。

 

 

【Part2 応答問題(30問)】

 

 

1つの質問文が放送され、その後3つの答えが放送されます。

 

3つの答えの中から最も適当なものを選ぶという問題です。

 

 

【Part3 会話問題(30問)】

 

 

2人の人物の会話が放送されます。

 

その会話に関する質問が問題用紙に印刷されているので、

 

それに対する答えを4つの選択肢の中から選ぶという問題です。

 

 

【Part4 説明文問題(30問)】

 

 

アナウンスやナレーションのような説明文が放送されます。

 

その説明文に関する質問が問題用紙に印刷されているので、

 

それに対する答えを4つの選択肢の中から選ぶという問題です。

 

 

リーディング・セクション

 

 

【Part5 短文穴埋め問題(40問)】

 

 

短文中の空所に最もあてはまる語句を

 

4つの選択肢の中から選ぶという問題です。

 

 

【Part6 長文穴埋め問題(12問)】

 

 

長文中の空所に最もあてはまる語句を

 

4つの選択肢の中から選ぶという問題です。

 

 

【Part7 読解問題(48問)】

 

 

様々な文書が印刷されており、それに関する質問を読んで、

 

最も適当な答えを4つの選択肢の中から選ぶという問題です。

 




FXの仕組みを知ろう