TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEICって就職に役に立つの?



 

企業のグローバル化が進むにつれ、

 

日本国内の会社においても、

 

仕事をする上での英語力は重要になってきました。

 

 

最近よくニュースで聞きますが、

 

社内公用語を英語にしたという会社も出てきていますよね。

 

 

また、昇進の際に、TOEIC何点以上という

 

条件が設けられている企業もあります。

 

 

TOEICのスコアは、その人の英語コミュニケーション能力を

 

客観的に知る目安になります。

 

 

そのため、社員採用時に、TOEICのスコアを考慮している

 

という企業がとても多くなってきています。

 

 

求人サイトを見てみても、応募資格にTOEICのスコア何点以上と

 

書いてある企業はかなりあります。

 

 

例えば、貿易事務や海外営業事務といった職種では英語力が要求されますし、

 

TOEICは応募者の英語力を判断する基準として最もよく使われています。

 

 

直接英語を使う仕事でなくても、

 

英語はできるにこしたことがないと考える企業がほとんどです。

 

TOEICは就職活動に有効と言えるでしょう。

 

 

では、TOEICでいったいどれくらいのスコアを

 

取っておけばよいのでしょうか?

 

 

TOEICのスコアを履歴書に書いて英語力をアピールしたいならば、

 

最低でも600点は取っておく必要があるでしょう。

 

 

TOEIC受験者の平均スコアは580点前後です。

 

600点未満ならさほどアピール効果はないと言えます。

 

 

もし外資系企業の就職したいなら、

 

TOEICで800点以上は取っておきたいものです。

 

 

外資系企業では、TOEIC900点以上を

 

採用の条件にしているところもあります。

 

 

また、外資系企業に就職するのでなくても、

 

TOEICスコアが800点以上あれば、

 

かなりアピールポイントになるでしょう。

 




FXの仕組みを知ろう