TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEICテスト終了後は必ず見直しを!



 

さて、TOEIC本番の試験が終わりました。

 

終わった後、あなたはどうしますか?

 

 

とりあえず終わったことにホッとし、

 

試験のことはすっかり忘れて遊ぶぞ!というあなた。

 

その気持ちはすごくよくわかります。

 

 

しかし、ここでちょっともうひと頑張りしておくと、

 

良いことがあるかもしれません。

 

どんな試験でも終わった後は必ず問題の見直しをしましょう。

 

 

特に、わからなかった問題は、

 

見直しをして必ずわかるようにしておくことが肝心です。

 

TOEICテストが終わった後も、必ず試験問題の見直しをしましょう。

 

 

と言っても、TOEICテストは問題用紙を回収されてしまいますので、

 

何日か経って、「あの問題どうだったっけ?」と思い出そうとしても、

 

思い出せない場合が多いはずです。

 

 

記憶が鮮明に残っているうち、

 

できればTOEICテストが終わった後すぐに、

 

わからなかった単語などは調べておきましょう。

 

 

実は、TOEICでは、この見直しが

 

次回のスコアアップの重要な鍵になることがあるのです。

 

 

というのは、TOEICテストでは、

 

過去の試験と同じ問題が出ることがあるからです。

 

 

私のTOEICの過去最高スコアは895点ですが、

 

このスコアを出した時、試験問題の中に、

 

私が前回受験したときと同じ問題が2問出ていました。

 

 

私は前回試験終了後に見直しをしていたので、

 

前回と同じ問題に関しては、問題文をじっくり読まなくても

 

正解がわかってしまいました。

 

 

そのおかげで、かなり余裕を持って、

 

他の問題にも取り組めたと思います。

 

 

「なんだ、それならそのスコアは実力以上のものじゃないか!」

 

と思われるかもしれませんが、

 

カンニングなどの不正行為をしたわけではありませんし、

 

ちゃんとした証明書もあり、履歴書にも書いています。

 

 

わからなかった問題をわかるようにしたことが

 

スコアアップにつながったわけですから、

 

その分、英語力がアップしたと考えてもいいと思います。

 

 

TOEICに関しては、

 

何度も受験した方が有利ということも言えますね。

 

 

例えば、英語を使った職業につきたい時、

 

本当に仕事で使える英語力というのは、

 

実際に仕事をしてみないと養えないと思います。

 

 

TOEICで良いスコアを取ることの目的は、

 

英語を使った仕事をするためではなく、

 

その仕事への入り口を与えてもらうことです。

 

 

試験のテクニックを身につけ、

 

とりあえず入り口を通してもらいましょう。

 

 

TOEICで良いスコアを取ることは、ゴールではなく、スタート地点です。

 

本当の英語のスキルアップは、そこから先にあると思ってください。

 




FXの仕組みを知ろう