TOEICスコアアップ英語学習術


ある方法で英語を勉強すると飛躍的に英語が上達し、

結果としてTOEICで高スコアを取ることができます。


そして、ネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、

字幕なしで映画を観ることができます。


また、外資系企業へ就職や転職する時も有利になります。


TOEICのパート別攻略法



 

TOEICのパートごとの攻略法について

 

簡単に書いてみたいと思います。

 

 

Part1 写真描写問題

 

 

写真は問題用紙に印刷されていますので、

 

放送が始まるまでの間にチェックしておきましょう。

 

 

時制や単数、複数の違いに注意し、

 

わかりにくければ消去法で素早く正解を見つけましょう。

 

 

聞き取れなかった問題があっても、

 

あまりこだわらずにどれかの選択肢を選んで

 

次に進むようにしましょう。

 

 

1つの問題にこだわっていると、

 

次の問題の最初の部分を聞き逃してしまいます。

 

 

Part2 応答問題

 

 

質問に対する適切な答えを選ぶ問題ですが、

 

疑問文に対する基本的な知識があれば、

 

それほど難しい問題ではありません。

 

質問文の最初の部分を特にしっかり聞き取るようにしましょう。

 

 

疑問詞(What, When, Whyなど)で始まる場合は、

 

それに対する適切な答えを、

 

また、Do you〜やAre you〜で始まれば、

 

YesかNoの答えが来るはずですので、

 

間違えないようにしましょう。

 

 

Part3 会話問題

 

 

会話文を聞いた後、質問に答える問題ですが、

 

質問文と答えの選択肢は印刷されていますので、

 

あらかじめ目を通すことができれば予測が立てやすくなります。

 

 

しかし、あまり先読みにこだわると会話文を聞き逃してしまいますので、

 

可能ならば問題文だけを読むとかに決めておき、

 

くれぐれも無理しないようにしましょう。

 

 

Part4 説明文問題

 

 

説明文を聞いた後、質問に答える問題ですが、

 

Part4でも質問文と答えの選択肢は印刷されていますので、

 

可能であればあらかじめ目を通しておきましょう。

 

 

放送が始まったら、くれぐれもリスニングのみに

 

集中することを忘れないようにしましょう。

 

 

Part5 短文穴埋め問題

 

 

基本的な文法知識を問う問題です。

 

文法が苦手な方は一度はおさらいしておきましょう。

 

 

例えば、空欄に入るのが形容詞なのか、

 

名詞なのか、動詞なのかがわかれば、

 

文の全体を読まなくても空欄の前後を読むだけで答えが出せます。

 

わかるものは素早く解答していきましょう。

 

 

Part6 長文穴埋め問題

 

 

Part5と同様の問題ですが、問題文が長文になっており、

 

途中で何箇所か空欄が出てきます。

 

 

あまり時間がありませんので、

 

全文を読んで意味を理解することにこだわらず、

 

空欄の前後を見て答えがわかれば、

 

どんどん解き進めていった方がいいと思います。

 

 

Part7 読解問題

 

 

ビジネスレターやEメール、広告など様々な文書が出ており、

 

それについての質問に答える問題です。

 

 

順番通り問題を解いているとPart7では時間がなくなってしまい、

 

答えられなくなってしまう人も多いようですが、

 

それほど難しい問題ではありません。

 

 

時間配分に注意し、Part7の問題に

 

きちんと目を通す時間を残しておきましょう。

 

 

リーディングはPart7から解答を始めるというのも

 

一つの方法だと思います。

 

 

問題に使われている文書は、海外で暮らしていれば

 

普通に目にするような文書ばかりですので、

 

日頃から海外のサイトを見るなどして、

 

広告やビジネスレターの形式に慣れておくとよいと思います。

 




FXの仕組みを知ろう